文思豆腐羹

淮揚料理は包丁技術を重んじ、この点は揚州の名物料理「文思豆腐羹(細切り豆腐のスーラー煮込み)」に徹底的に表しており、料理人は一本の包丁で無数の切る方法を変えることができます。小さい絹漉し豆腐を5000本の千切りにして、その後、熱いスープの中にそっと入れ、水の中に集まった豆腐の千切りはまるで白い菊の花のようにゆっくりと咲き、人を感嘆させます。