蘇州、そして水と花、相応しい春の光景
水と蘇州は千年前より深い結び付き、縁がある。 昔の蘇州では人々は水に沿って住居を構え、外出には乌篷船という船を利用していた。 そして食べるものは「水八仙」と呼ばれる水辺に生える植物を良く利用していた。 方言は呉語という、軽やかで美しい発音を持つ言葉で、水のように柔らかく、優雅で温和な性格を持つ。濃い春の息吹が、この水上の芸術都市の万物に生気を吹き込む。
詳しく見る
泰州の春日垜田「パラダイス」
興化は、泰州市にある2千年以上の歴史を持つ古城である。里下河の中部に位置し、範囲内に幹川と支川が縦横に交差し、蜘蛛の巣のように密集し、ほんとうにその地域の水郷である。興化は有名な「魚米の郷」であり、世界四大花海の一つである「千島菜の花」としても知られている。
詳しく見る
茶香漂う常州、美しい4月
常州は江蘇省南部、長江デルタの中心に位置し、長い歴史を持つ文化的都市である。 多くの中国の若い人たちが常州と聞くと、まずここにある環球恐竜園を思い浮かべ、ここに刺激を求めてやってくるが、常州の持つ本当の魅力は楽しさや刺激だけではなく、その素朴な生活の美、美の生活である。
詳しく見る