2021年揚州世界園林芸術博覧会4月8日に開幕

2021-4

2021年4月8日、花の海で2021年揚州世界園林芸術博覧会が開催しました。また、園林芸術界の「オリンピック」と呼ばれる園林芸術博覧会が長江デルタに開催されるのはこれで初めてです。今年の博覧会のテーマは「グリーンシティ、健康生活」です。2021年揚州世界園林芸術博覧会は総面積230ヘクタールで、「園芸の夢」という主軸は北と南の入り口を通り、水系という青い静脈と園芸景観という緑の静脈は東西両地域を連結しています。国際展示館、中国展示館、開幕・閉幕展示館、園冶園、碧雲村は、展示機能を行う5つの主要なエリアです。それ以外、エントランスサービスエリア、国際園芸展示エリア、国内園芸展示エリア、江蘇園芸展示エリア、企業園芸展示エリア、生活園芸展示エリア、生態レジャーエリア、休憩エリアという8つのエリアが設置されています。世界園芸博覧会は、観賞植物の最新の成果と技術を展示し、世界の生物多様性を保護し、「人と自然の調和のとれた共生」を実現することで、園芸産業と文化の国際交流を促進することを目的としています。

ほかの最新情報