南京第十一回(森林)旅行&登山祭及び第二十二回「秋栖霞」紅葉芸術祭が開幕する!

2020-10-10

10月には、南京の栖霞山は一年中の一番有名な祭りを迎えることになる。

2020年10月10日、南京第十一回(森林)旅行&登山祭及び第二十二回「秋栖霞」紅葉芸術祭が美しい栖霞山で開幕した。この活動の閉幕は12月20日までになる。

2001年から今まで、「秋栖霞」の紅葉芸術祭はもう第二十回になり、江蘇省及び全国の観光ブランドになった。今年、「秋栖霞」は紅葉を利用し、昔を懐かしみ、「栖霞仙境 中国楓情」をテーマとし、栖霞山の20年以来の日進月歩を展示する。風采と才気もまさに盛りである「20周年」という概念を強調し、観光客の栖霞山に対する記憶を呼びかけ、時空を通り越え、過去の自分と出会い、紅葉祭を都市生活の記憶担体と感情リンクにさせる。同時に、色々なイベントを通して、さらに栖霞の山水、人文、知恵を現す。

72日間をかけて、観光区はオンラインとオフラインイベントを20件ぐらいを行う。

「秋栖霞」という二十周年のシリーズ活動は、「古い写真を集める」「その年、私達は一緒に登った栖霞山…」「二十年、紅葉への愛情」三つの部分に分け、多角度から二十年の変遷を展示する。

「栖霞の20周年、いまだに記憶に新しい」という親子主題活動は、細かいことから栖霞山の小さな変化を見つける。「小さな薬剤師」と「小さな説明者」などの見学活動は栖霞山の草薬、歴史、文化及び地質文化をもとにし、子供の草薬と地質に対する興味をそそる。環境保護の重要性を理解し、「香約栖霞」という科学普及区は栖霞山の異なる香りを嗅がせる。

傑出した人が出て栖霞山が有名になった。「無形文化遺産」と「印象金陵」という二つの活動を通し、観光客に南京の魅力を感じさせる。活気に溢れる登山大会と「トレイルランニング」もある。

他には、近年の大人気の「夜の紅葉狩り」も今回の紅葉芸術祭に出てくる。音楽会も見逃してはいけない。

今年、観光区の南側の出入り口には、たくさんのイベントがある。「万物共生・山撮影・音楽市場」素朴の市場に中国伝統の要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンドを溶け込む。文化創意産業のもの、手作り商品、無形文化遺産、娯楽業界の商品、ブランド食品もある。歌手は伝統と現代を結び付け、観光客に素晴らしいパフォーマンスをもたらす。

「百車千人游栖霞」、斬新なやり方で栖霞山の紅葉芸術祭の珍しい文化遺産と独特の美しい景色を記録する。オンライン動画とヒマラヤAPPの「聞き取る」というセクターを利用し、動的に栖霞山の全貌と文化内実を繰り広げ、オンランとオフラインがお互いに協力し合う。連続のサプライズに出会る。(もし雨とか降ったら、イベントが延期になる)。

「秋栖霞」は南京の勝景の一つとして、毎年一番注目を集めている。近年以来、栖霞山は景観「栖霞紅葉」に力を注いでいる。今年の春、イロハモミジ、フウ・タイワンフウを主に、多種の植物を植えた。

今年の秋、もし十分な雨があれば、温度も適切であれば、栖霞山の紅葉は必ず色とりどりで美しくなれる。

ほかの最新情報