ゆったりとした揚州生活の体験、一日でも揚州の伝統生活を過ごしましょう

揚州と言えば、まだ記憶の中にある繁華の町のイメージが出る:隋唐時代の広陵郡、明清の揚州府、文人墨客が恋する優しい町、賑やかな塩商の城…
今の揚州は花尽くし、人の世铅华から離れ、ゆっとりとした生活スタイルの町になる。

揚州の朝ごはん(飲茶料理)

のんびりしている揚州人は朝の時もゆっくり朝ごはんを食べる慣習がある。揚州の飲茶料理は食べ物について非常に拘りがあって、食事場も主に古きながらの古民居を選ぶ。

古風なレストランに座り、延々と流れる古運河を眺めながら、揚州の緑茶、燙干絲、三丁饅頭、翡翠シュウマイを楽しむのがオススメ。自由にお茶とおやつを楽しんで、爽やかな秋にボートとして、このような半日を過ごすのもいいのでは。

飲茶店のオススメ

揚州の飲茶の有名な店は三つある。“三春”と言われ、それぞれ“富春”、“冶春”、“共和春”という。その中で一番歴史が短い“共和春”でも創立以来既に80年余を経った。そして、“富春”と“冶春”は尚更100年以上の歴史も超えた百年老舗である。よく言われるのは“富春”の饅頭、“冶春”のおやつ、“共和春”の麺類だと、それぞれの店が自分の得意分野があるので、是非お試してみてください。

“三春”行くなら6:30前に到着したほうがおすすめ。その時間を超えると、人がいっぱいになるので、そして、飲茶はほぼ10:00ぐらいに終了である。

巷の散策

揚州は巷の町と言われるのは、ここは古い街や長い巷が沢山あり、狭くて幽玄な雰囲気をする巷は“俗”文化の象徴である。

早朝、あるいはゆう方頃、古い巷で歩き、時の痕跡が深い畳石、長い年月を経った白壁と黒レンガ。揚州の日常と歴史はこういう細かいところに潜んでいる。特に探さなくても、目の前に現れる景色が揚州のありのままの姿である。

古き巷観光ツアーのオススメ

天寧門街→彩衣街、東関街→十巷九巷→仁丰里→新勝街→国慶路→湾子街→皮市街→丁家湾→南河下

陽春面と塩水ガチョウ

揚州では、“客を迎える時は面、お別れの時は餃子”という特別な風俗がある。陽春面を食べてからはじめて、本当の意味で揚州に来たという。揚州では、飲茶以外に朝の時は陽春面も食べる。素材が簡単で、歯ごたえが良いこの陽春面は古くからあり、人に愛されている。

揚州は水の資源も豊富で、湖と池は家禽の楽園になる。家禽のひとつ種類であるガチョウは揚州の名物塩ガチョウに作られる。食材の新鮮さを保つため、塩水ガチョウの制作は主に深夜で行われる。秋のガチョウは肉の質が良いので、長い時間をかけて作った塩ガチョウは揚州の秋に見逃せないグルメである。

“朝は皮で水を包んで、夜は水で皮を包む”

昔から揚州生活を“朝は皮で水を包んで、夜は水で皮を包む”と描くことばがあり、その意味は朝ごはんは“皮の中にスープが包んでいる”饅頭を食べるが、夜になると、お風呂に入るから、“水で皮を包む”という。

揚州は過ごし安い町であり、ゆっくりとするライフスタイルは揚州を今でも昔の慣習を保っている。大衆風呂場がその揚州人に好まれる生活スタイルのひとつである。今の揚州はまだ昔の老舗風呂場が保存していて、その中で有名なのは揚州浴室、永寧泉、双桂泉、中華泉などである。

老舗は新しく出たサウナと風呂場と比較すると、確かに設備や便利上に差があるが、その独特で、他のところでは体験できない懐かしい雰囲気が老舗が有り続ける理由ではないかと思う。

揚州の評話を楽しもう

揚州の「皮五書場」では、お茶とお菓子を楽しめながら、揚州評話を聞ける。演出者一人、机が一つ、プラス拍子木一つで、これが揚州評話を演じるのに全部のものである。演出者のユーモアの言葉と表情で、何分しかない時間を使って、物語の中の人物を其々演じて、人を引きつけて夢中にさせる。

伝統的な揚州生活の趣は以上にご紹介した小さなものに入り、揚州の美景、風物を楽しみながら、のんびりとした生活も体験してみてください。