老城南で市井の雰囲気を味わう

明朝の太祖朱元璋は都を南京に定めた後、旧市街を三つの部分に分けた。そのうち、夫子廟を中心とする南部の市街地は最も人口が密集している居住地であるため「老城南」と呼ばれ、南京の商業が最も発達した地域でもある。「北京胡同、南京巷」ということわざがあるように、一本一本の巷は密接につながっていて、静かに老城南の千年の春秋を語っている。

老門東

中華門を中心に明城壁に沿って区分され、東の地区は「門東」と呼ばれた。今、伝統的な中国式木造建築を伝統的な様式で復元し、老城南の姿を再現した門東歴史文化街区(老門東)がひっそりと登場した。「老門東」の牌坊を入ると、さほど長くない石畳の道が見え、両側には白い壁と黒い瓦の建造物群と軒を並べている商店がある。老門東は繁華街にあるが、静かさと芸術性を欠けていない。

剪子巷に隠れている金陵美術館は江南の巷を芸術的に抽象化し、「斗」の形にデザインし、全体的に産業遺産の旧態を維持している。館内には当代の金陵画家の作品を主に展示し、金陵画派の独特な魅力を表現している。駿恵書屋は老門東で最初に復元された古い建物で、老城南の旧宅を改造して取り壊された多くの木彫りの古い部材はここで新しく利用された。この時代を超えた古い建物は重厚でありながらも霊気に満ちていて、入居した南京の有名な先鋒書店は更に新しい時代の活力をもたらした。

ここにはまだ多くの南京出身の高齢者の生活の記憶がある。例えば、子供のころに街中を走って自慢のように手に持った金色の飴細工、あるいは色とりどりのしん粉細工を待ちわびる様子、また1本の巷で全部味わうことができる南京のグルメなど。

老門西と新門西

老門東と中華門を隔てて向かい合うところを老門西という。同じく旧市街であるが、老門西は今に至っても改造されていない。庶民の生活を展示した家屋、巷、歴史的な跡を持った民風民俗、沈香のような多くの老門西の巷、青いレンガと黒い瓦、連子と庇に散らばっている。そして最も古い南京の生き生きとした歴史を思い出せる高齢者も、大部分は老門西に住んでいる。飲馬巷から老門西に入り、奥深い巷を歩いて空を見上げると、縦横無尽の電線が走っている。交錯した電線は空を覆っていたが、近所間の暖かさを受け止め、古い南京の記憶を留めることもできた。

今、人々の生活を改善し、町の見栄えを良くするために、老門西も徐々に革新され、新しい一面を見せた。悦動新門西の完成は、老門西の変革に大きく貢献した。悦動新門西は、芸術展示、文化事務所、スポーツとレジャーエリアを一体としたスポーツ・ファッション産業園であり、ここに暮らしている各年齢層の人々のために作成されたリラックスしたスタイリッシュな都市生活の目的地でもあり、南京の旧市街にも新しい活力をもたらした。