int(10)

荷蘭(オランダ)花海

1919年にオランダの水利専門家であるテライクが塩城の水利システムを企画し、アルカリ性の土地を改善したことを記念するために、大豊区でオランダのシンボルとしてのチューリップを植え、「中国一のチューリップの花海」を作り上げました。毎年の4月には、荷蘭花海にある3000万本のチューリップが満開し、田園、河川や風車とともにオランダの田舎の風情を作り出します。